「2ショットダイヤル」の記事一覧

シュガーズクラブで拾った人妻からテレHを強要されたので乗っかってみた

暑い日が続きますが先週よりかはなんぼかマシなんですかね?
こんばんは私です。

最近ではほとんどMAXばかりを利用しているのですが、気分転換にこちらのテレHサイトを見ていたらシュガーズクラブを見付け久しぶりにコールしてみようかなという気分になったので利用してみました。もう数年前に利用したきりだったシュガーズクラブはかなり久しぶりだったのだが。以前はかなりお世話になったツーショットダイヤルサイトだ。夏場のクーラーの効いた部屋でまったりと女の子と電話するのは至福な時だが、なかなか良さげな女の子と繋がらずにチェンジを繰り返していた。

時間は昼12時を過ぎた辺りで掛け始めてから1時間くらいした頃に今回のヒロインである人妻さんと繋がった。話始めた辺りではハズレかなとも思ったのだが10分くらいしてくると緊張がほぐれたのか会話が弾んで来てチェンジせずに楽しんで話せた。徐々に会話をエロい話題に切り替えていくと人妻さんもエンジンが掛かってきたのか卑猥な単語がどんどん飛び交うようになっていた。

私からテレフォンセックスの話題を出すと人妻さんは知らないようだったので、どういう風にやればいいのか事細かく説明してあげるとそのまま指示通りにやり始めてしまい一緒にやって欲しいというのだが・・・願わくばホテルで実践したいのだが今してくれと聞いてくれない。どんだけ欲求不満なのか・・・その後一緒にやったフリをしてどうにかホテルまで連れ込む事に成功した。

こういう当たりがあるからツーショットダイヤルを辞める事が出来ないんですよね。

MAXでテレホンセックスする前にオリジン弁当へ食料を買いに行った時の話

雷がめっちゃヤバかったですね私です。
久しぶりにあんなに激しい雷を聞いた気がします。

先日、最近MAXのツーショットダイヤルがヤバイという噂を聞きつけて試してみようと思い、まずは食料を調達しにオリジン弁当へ行ったのですよ。そしたら、バンドやってます、追っかけしてます風の若いカップル2人と男性1人が私より先に待ってたんですが・・・待っている間にそのカップルがイチャイチャとウザイ!何がウザイって冴えない男に不細工な女がイチャコラしていたもんだからイライラ全開。カップルが帰る間際に女の方の手首をチラ見すると絶対に死ねないようなリスカ痕。それを見て良い所は皆無だなと思い少しすっきりしました。

で、肝心のMAXなのですがこちらのテレホンセックス紹介サイトを見ていたら、最近「Girl’s Ch」という女性限定コミュニティと繋がっており素人女性数が増えているとの事。実際にサイトの方を見てみると確かにツーショットダイヤルらしき電話番号が載っていました。少なくともサクラや援助系は存在するものですが、ここまで素人女性が多いともうMAXの一人勝ちでしかありませんね。ただ、時間帯によっては流石に偏ると思うので諦めずに掛け続けると良いかもしれません。

では、良いツーショットダイヤルライフを!w

女性恐怖症なコミュ障を治すにはツーショットダイヤルでリハビリするべし

告白します。私は学生時代、とある男女共学制の私立中学校に通っていました。

そこで私は、女子生徒達からの性的ないじめを受けていました。こう言っては何ですが現在の私はジャニーズに入っててもおかしくない程のイケメンで良く知人から「HEY!SAY!JUMP」の山田君に似ているなんて言われます。

しかし、当時の私はイケメンが逆に裏目に出たとでも言いましょうか。

女生徒グループのリーダーから告白されたのですが、恋愛などには全く興味が無かった初心な私は、彼女の告白を結果的に振ってしまったのです。今思い出すとその女リーダーは綺麗で見た目は大人しそうな顔付きだった気がします。

その次の日から「いじめ」は始まりました。

まず授業の休み時間になると、女リーダーの手下が私の席の周りを取り囲み、その中の数人が私にディープキスをしてくるのです。今だったらご褒美だろ!とか思えるかもしれませんが、童貞だった私にとってこの体験は恐怖でしかありませんでした。

キスだけでは終わりません。

周りの生徒に見えない様に完全に囲まれた私は、女生徒の一人から突然

「ほら、舐めろよここを!」

と言われ、振り返ると下着をおろしマン毛の生え揃ったオマンコを露出してくるのです。

童貞の私はクンニリングスなんてした事がありませんから、何をどう舐めたら良いのかすら分かりませんでした。

「おら!ここ舐めんだよカスッ!!」

彼女は舐めやすいように両指で小陰唇を広げ中を露出してきました。童貞にはキツ過ぎますよね。いきなり目の前に剥かれたクリトリスが現われたのですから。

「ボコッ!」

突然、下っ端から腹を殴られました。

「早く舐めろって言ってんだよ!てめえは!」

本当に恐怖で震えました。そして渋々彼女のクリと思われる部分を舐めたのですがどうにも臭くて嘔吐していまいした。

「うわっ!こいつゲロ吐いたよきたね~!えんがちょ!」

容赦無い罵倒を浴びせられ私の女性に対するトラウマはこの時生まれたのかもしれませんん。

それ以来私は女性恐怖症になってしまいました。大学生になって何人もの女性から告白されたのですが、恐怖でとてもじゃないのですがOK出来ませんでした。告白された女性達は皆、ミスコンで優勝するレベルの女性達ばかりなのに。

僕を救ってくれたのは、写真サークルの部長を務める先輩の一言でした。

「女性恐怖症を治すのは簡単だ。生身じゃなくて会話から徐々に慣れるのが一番だぞ」と。

「俺が良く女とセックスしてるツーショットダイヤルで女と喋ってみろ!人生変わるぞ!」

こんなアドバイスを言ってくれたのです。

何でもマックスと言うツーショットダイヤル番組が女性が多くて人気がある。ここだったら話専門の女も多いから安心して使えるとの事。先輩に電話番号を聞いて早速番組に電話してみました。

直ぐに始めての女性に電話が繋がりました。やはり最初の方は恐怖で受話器を持つ手が震える程でした。相手は恐らく30代後半の女性だったでしょうか?声からして年上と感じました。

「あなた、過去に女性に対してトラウマ抱えた事あるでしょ?」

突然の言葉に私は気が動転してしまいました。何でこんな事が分かるんだろう?全くその通りと彼女に言うと

「私はこのツーショットで長年、話専として活躍してるからそんなの一発で見抜ける」

こう言われました。

それから彼女は優しく僕に女性の気持ちや、女性の心理を長時間掛けて教えてくれました。

そして、驚くことに数ヵ月後、私の女性恐怖症は完全に治ったのです。

彼女には感謝の気持ちで一杯ですが、現在マックスで彼女に再び繋がる事はなくなってしまいました。

非常に残念ですが、今は前向きに生きられる様になった事で人生が明るくなりました!初めはただのエロ番組じゃねえか!と先輩に騙された気持ちで始めたツーショットダイヤルですが今は感謝の気持ちで一杯です。

まだ処女な女子大生を電話Hで美味しく頂いた件

最近はLINEID検索も手軽に出来なくなってきたのでエロ電話が捗らなくなってしまった。しょうがないので色んな出会いアプリをインストールしてみたが、サクラや詐欺メールが送られるくるだけで一向に女が見つからなかった。

特に酷かったのがGPSで近所の女が見つかる系のアプリ。写メとか有名モデルとか勝手に使ってるし、GPSに出てくる女は全員サクラだと思う。

次に試したのが出会い系の掲示板だった。ハッピーメールとイククルに登録してみたんだがどうも円光目的の女ばっかり。こちらから挨拶メールを送ったら、返信メールはこんな感じ。

「今、支払い困っててサポしてくるんだったら是非会いたいです」

「ホ別2だったら池袋で会えますよ」

うんざりするメール内容にマジでぶち切れ寸前である。もちろん丁重に、お断りメールを入れといた。

「ふざんけんなブス売春婦が!臭マンに金やるくらいだったら、家でセンズリこいて寝とるわボケッ!」

そんな訳で、出会い系もイマイチの反応だった。

当りだったのが生電話で女と繋がる2ショット系?のサイトだった。サイト名はMAXっていう所だね。ここはテレクラ大手のリンリンハウスが系列らしく、女性のコールが1日数万件あるらしい。無料ポイントが付いてたので、まずはお試しで電話てみた所、二十歳の女子大生にいきなり電話が繋がったわけ。

しかも処女らしい。

処女を捨てたくてMAXに登録してみたんだけど電話掛けてくる男がみなド変態過ぎて何をして良いのか分からなかった所、私に電話が繋がったらしい。まあ俺もド変態なんだけど、その話を聞いて超紳士的に接したのは言うまでもない。

時間を掛けて口説かなくては!上手くいけばJDの処女が頂けるかもしれない。こう思うだけで、俺の下半身はムクムクと勃起していた。

結果から言うと、その処女JDの処女はまだリアルでは頂けてはいない。LINEIDは交換済みなので今必死に口説いている最中だ。只、テレフォンセックスは仕込んでおいたので、リアルで会えるチャンスはかなり高いと言えるだろう。

たぶん、もう少しで処女を釣り上げられる!

しかし、生電話ってサイトはかなり新鮮な感じがして楽しめたな。

出会い系は昔、相当やり込んだから詳しいけど恥ずかしながら電話系は始めてだった。私はMAXについてネットで詳しく調べてみたんだが、何でも2ショットダイヤルまとめっていう生電話に詳しいサイトによれば、生電話系の2ショットサイトは最近、非常に盛り上がっているジャンルなんだという事を知った。

しばらくの間は、この生電話系サイトで楽しめそうだ。

このページの先頭へ